1. TOP
  2. 熱すぎる!プリズンブレイクのウェントワースミラーがゲイに応援メッセージを送った内容は?

熱すぎる!プリズンブレイクのウェントワースミラーがゲイに応援メッセージを送った内容は?

あなたは、あの人気海外ドラマ「プリズンブレイク」のマイケル・スコフィールド役で有名なウェントワースミラーを知っていますか?

wentworthmiller

出典元:http://news.ameba.jp/image/20161013-752/

彼が、イギリスのゲイ雑誌「attitude(アルテゥードゥ)」の表紙を飾り、その中でゲイを中心とした自分のセクシャリティーで悩む若いLGBT達へ熱い応援メッセージを送ったというのです。

今回は、それがどんな内容だったのかを紹介していこうと思います。

「いつか事態はよくなる。仲間が必ず見つかる」とウェントワースが熱弁!

以下は、そのニュースページの引用です。

同誌attitudeの“アワード”号に登場したウェントワースは、 Attitudeアワードの「マン・オブ・ザ・イヤー」に輝き、E!Onlineによると 誌面でのインタビューでLGBTコミュニティの若者に自分一人だけではないと心強いメッセージを送っているという。

「他の人が言ったことの繰り返しになるが、いつか事態はよくなる。仲間が必ず見つかる。 君を愛し、ありのままの君を喜んでくれる人がどこかで待っていると信じるんだ」とウェントワース。

「そうした人々と出会うまでは、君自身が自分の仲間、自分の親友になる必要があるかもしれない。 そういったことは学校では教えてくれない。だから頑張って自分自身を愛するんだ」と力説している。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161013-00045956-crankinn-ent

彼は、自身が同性愛者であるということは、20代のころ数人にしか打ち明けていなかったそうです。

30代になり初めて両親や友人たちにカミングアウトをしたと。

彼が、世の中に自身がゲイであることをカミングアウトしてから約3年がたっていますが、世間にカミングアウトする前よりも、今の方がずっと「本当の自分を表現できている」と実感しているそうです。

私も30代になって初めて親にカミングアウトをしました。

私は、ほぼレズビアンよりもバイセクシャルですが、10代20代と両親には自分が、同性を付き合っていることをカミングアウトしていませんでした。

わざわざ打ち明ける必要はないと感じていたからです。

ですが、30代になり、母親だけには理解してもらいという気持ちが日に日に強くなり、自分が女性を好きだという事実を打ち明けました。

今でも、鮮明に覚えています。

私が、女性が好きだと打ち明けた後、母はただただ頷くだけで、地蔵のようにカチカチに固まって、何も言ってくれませんでした。

おそらく、母親の年代には「同性愛者」や「両性愛者」「トランスジェンダー」がゼロで、目にするのも話をするのも、きっとはじめてだったのでしょう。

そして、そんな異物のような存在が自分の娘だったのですから。

母親が、LGBTに対してどういう価値観を当時持っていたかは、今となっては分かりませんが、きっとどう反応してよいのか全く分からず、頭が真っ白になってしまったのかもしれません。

重い沈黙に耐え切れず、私が努めて明るく話しても、母親は、ずっと黙ったままでした。

そのあと、スカイツリーを見に東京見物に出かけましたが、(母親が上京してきたときにカミングアウトをしました)母親は、そのことを腫物を扱うかのように一切触れず、いつもと変わらず、私に接してくれました。

ですが、当時の私にとっては、カミングアウトした反応がほとんどない…この状況がとても哀しく、母親が自分が言ったことに対して、傷ついてしまったのではないか…受け入れられなかったのではないか…いろいろな思いが頭をめぐり、カミングアウトなどするべきではなかったのではないか…そんな風に後悔ばかりが先行していました。

カミングアウトした結果、母親から来た手紙で号泣…

結局、母は私が女性が好きだという事実には一切触れず、実家に帰ってしまいました。

そして、それから半月後、母親から1通の手紙が届いたのです。

私は、その手紙を恐る恐る開き読み始めました。

そして、半分も読まないうちに、涙が止まらなくなりました。

その手紙には、こう書かれていました。

「あなたの辛い思いにずっと気づいてあげられず本当にごめんなさい。」

手紙には、母からの謝罪の言葉ばかりがつらつらと書き綴られていました。

手紙を開く前、「そんなこと気にしないわよ」と共感を示してくれているのか、それとも、「私には理解できない」と拒否されてしまうのか、私は、いろいろな妄想を巡らせていました。

でも、まさか…自分が女性が好きだという事実を伝えた後、母親から謝罪をされるなど、私は1ミリも想像することができなかったので、自分が打ち明けることでスッキリしたいという願望ばかりが走り、勢いでカミングアウトしたことで、母をこんなにも苦しめてしまったのかと思うと、心から後悔をしてしまいました。

母親は、なにひとつ悪くない。

なのに、罪悪感という重い重い塊に押しつぶされそうになり、どんな気持ちでこの手紙を書いたのか…こんなに苦しめてしまうのなら、カミングアウトなどするんじゃなかった。心の底から後悔をしました。

その夜、私は1通のメールを送りました。

「あなたは、何も悪くない」と。

地方出身のゲイの友人は、親の年代には理解できないとカミングアウトを諦めている。

私の友人にゲイがいます。

彼は、一生カミングアウトなどしないと豪語しています。

なぜか?彼の実家は、とても地方にあり、旅館を営んでいます。

地方独特のあたたかい人と人の繋がりがあり、近所の人はほとんど顔見知り。そんな街に彼の実家はあります。

そして、彼はこう言います。

「自分の親の年代は、絶対に理解はできないだろう。親は、自分が旅館を継ぐことを願っている。ゲイだと打ち明けて、親を失望させることは絶対にできない。」

おそらく、彼は一生両親に本当の自分を見せることはないでしょう。

日本は今スタート地点にたったばかり!

「いつか事態はよくなる」とウェントワースは、熱く応援メッセージを発信しました。

私も、同感です。

きっと、いつかいつか・・・いつか事態はよくなるでしょう。

でも、その「いつか」が来る前に、私の友人の両親は死んでしまうでしょう。

2015年3月31日、渋谷区では、パートナーシップ証明書の発行が含まれた条例が可決されました。

ソフトバンクや楽天など大手企業でも、続々とLGBTに対しての待遇が見直され始め、実際に、男女の既婚者と同じように福利厚生が受けられるようになってきました。

ですが、これは本当にスタートに過ぎないのだと思います。

やっと、スタート地点にたった。

日本は、まだそんな時期なのではないかと思うのです。

でも、私は、ウェントワースが言った「いつか事態はよくなる」という発言を浅はかなで軽はずみな応援歌だとは思いません。

きっと彼は本気で「いつか事態はよくなる」と思っているのだと思います。

同じように私もそう思います。

遅いか早いかはわかりませんが、どんなに時間がかかろうと、日本だって「いつか事態はよくなる」。これは、事実だと。

きっと、彼のこの言葉は、自分のセクシャリティーに悩み苦しんでいるLGBTの若者たちの脳裏にきっと届いていると思います。

届いている、刻まれている、そう願ってやみません。

まとめ

私は、今母親とカミングアウトする前の10倍以上、心を通わせることができました。

私は、とても恵まれた環境にいるのかもしれません。

私の友人のように、一生親には打ち明けまいと決めている人の方が多いのかもしれません。

また、親だけでなく友人や同僚にすら本当の自分を見せられず、苦しんだりジレンマを日々感じている方の方が多いのではと思います。

でも、諦めないでほしい。

「いつか事態はよくなる」これは事実です。

私なりの言葉で伝えるなら、「これから事態はよくなっていく」

やっとスタート地点に立ったのです。

すべては、これから始まっていくのだと思います。

「いつか事態はよくなる」こう熱く応援メッセージを発信したウェントワースミラーの言葉が、実現する未来はきっとそう遠くはないように思います。

 

無料プレゼント

最後に、あなたに無料プレゼントがあります。

もし、あなたが「自分はレズビアンかもしれない…」と思っていたり、「自分は、女性が恋愛対象だから、女性の彼女を作りたい」と思っているのなら?

あなたに、無料レポート「好みのレズビアンと絶対に出会える厳選7スポット」をお渡しします。

この無料レポートを読むことで、レズビアンと出会える実際の場所を知ることができ、大好きな彼女を作るきっかけを掴むことができるでしょう。

  • インターネットで「レズビアン 出会い」と検索してもアダルトサイトばかりが出てきてウンザリしている…
  • オフ会やイベントに勇気を出して行ってみても、好みのレズビアンと出会うことができない…
  • やっと「可愛いな」と思えるレズビアンと出会えても、もう既に彼女がいる…
  • 住んでいる場所が地方だから、レズビアンと出会える場所が身近にない…
  • インターネット上のレズビアン掲示板やSNSは怪しい匂いがぷんぷんして登録するのが怖い…

あなたが、こんな風に思っているのなら、無料レポート「好みのレズビアンと絶対に出会える厳選7スポット」を読んでみてください。

あなたは、「こんなにレズビアンと出会える場所が、日本にはあるんだ!」と驚きますよ。

無料レポート「好みのレズビアンと絶対に出会える厳選7スポット」を受け取る方法は、とても簡単です。

下記のステップを踏んでください。

1.下記ページを開く

>無料レポートを配布しているページ<

2.吉瀬たまきの無料メルマガ【ビアンの恋愛法則】に登録する

3.自動返信メールで無料レポートをお送りします

※この無料メルマガは、あなたの好きなときに、いつでも解除することができます。

無料レポート「好みのレズビアンと絶対に出会える厳選7スポット」は、先着100名様への無料プレゼントです。

早めに手に入れておいてくださいね!

\ SNSでシェアしよう! /

ビアンの恋愛法則@LGBT.comJAPANの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ビアンの恋愛法則@LGBT.comJAPANの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

吉瀬たまき

吉瀬たまき

ビアンの恋愛法則(LGBT.comJAPAN)運営事務局代表。レズビアン。LGBT関連のフリーライターとして2014年より活動をスタート。大手恋愛情報サイトでも恋愛アドバイザーとして連載中。私自身も小さい頃から、マイノリティーについて深く悩み様々なメディアの情報に振り回されながらも、独自にたくさんの知識や恋愛経験を得る。同時に、婚活会社に就職後、1万件以上の恋愛相談にのり続けた実績を持つ。その実績と自身の恋愛経験をもとに、女性同士の恋愛に特化した恋愛ノウハウや恋愛情報を発信している。「恋愛は悩むものではなく楽しむもの」をモットーに女性同士の恋愛で悩んでいる女性に向けて、恋愛アドバイスを行っている。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ビアンの元カノが忘れられません問題

  • ビアン彼女ができた要因とは?

  • フェムビアンの軌跡

  • 一ノ瀬文香×杉森茜が破局した件

関連記事

  • 日本に同性愛者は951万人?!LGBTの割合は日本人口の7.6%にも達しています!

  • 全く知られていない!世田谷区は同性パートナーに結婚祝い金を出してくれる!

  • ソフトバンクがなぜLGBTに人気があるのか?その秘密を探ってみました!

  • マジか…ドナルド・トランプ氏が指名した副大統領ペンスは同性婚に大反対!

  • 一ノ瀬文香×杉森茜が破局した件

  • 損してない?同性カップルでも携帯の家族割を適用させる方法(ソフトバンク・au・DoCoMo)