1. TOP
  2. レズビアン本人が暴露!レズビアンの恋愛体験とビアンにモテる為のテクニック

レズビアン本人が暴露!レズビアンの恋愛体験とビアンにモテる為のテクニック

 2017/02/19 レズビアンの恋愛ノウハウ
  18,898 Views

あなたは、レズビアンでしょうか?バイセクシャル女性でしょうか?

それとも、ノンケ女性でしょうか?もしかしたら、ノンケ男性かもしれませんし、「自分はレズビアンかもしれない…」と自分で自分を判断しかねる状態にいるかもしれません。

そして、あなたは、今「レズビアンの恋愛ってどんなものだろう?」「レズビアンがモテるためには、どうしたら良いんだろう?」こんな疑問を持っているかもしれません。

実は、私はレズビアンです。

そして、これまで約7人の女性とお付き合いしてきました。

もちろん、どの女性とも真剣なお付き合いです。

そんな私だから伝えることができる話があります。

それは、レズビアンの恋愛体験ビアンにモテるための恋愛テクニックです。

そんな話をこのページでしていきたいと思います。

これを読むことで、あなたはレズビアンの赤裸々な恋愛体験とレズビアンにモテるための恋愛テクニックを知ることができるでしょう。

 

レズビアンの恋愛の種類は、無数にある

まず、レズビアンの恋愛の種類について紹介していきます。

レズビアンの恋愛の種類は、無数にあります。

たとえば、下記のようなものです。

レズビアン×レズビアン

これは、もう説明する必要はありませんよね。

レズビアンとレズビアンが恋愛をするパターンの恋愛です。

レズビアン×バイセクシャル女性

さらに、レズビアンとバイセクシャル女性が恋愛をするパターンもあります。

バイセクシャル女性とは、両性愛者のこと。

男性も女性も、恋愛対象になる女性のことです。

バイセクシャル女性×バイセクシャル女性

バイセクシャル女性とバイセクシャル女性が恋愛をすることもあります。

女性同士の恋愛なので、これもレズビアンの恋愛と呼ばれています。

レズビアン×ノンケ女性

他にも、レズビアンとノンケ女性の恋愛パターンがあります。

ノンケとは、異性愛者のこと。

同性愛者から見て、その気(ケ)がないので「ノンケ」と呼ばれています。

「自分は、異性愛者だ」と思っていても、いつもまにか女性を好きになっていることもあるのです。

バイセクシャル女性×ノンケ女性

バイセクシャル女性とノンケ女性が恋愛をするパターンもあります。

こちらも、女性同士の恋愛なので、これもレズビアンの恋愛と呼ばれています。

既婚者レズビアン×レズビアン

さらに、既婚者レズビアンとレズビアンの恋愛をするパターンもあります。

既婚者レズビアンとは、結婚したあとに「女性が好きだ」と気づいた女性のことです。

ですので、正確には、既婚者バイセクシャルになるのかもしれませんが、人によっては「もう男性と恋愛はできない」と思う女性もいます。

この辺りの分類は、本当に千差万別です。

既婚者レズビアン×バイセクシャル女性

既婚者レズビアンとバイセクシャル女性の恋愛パターンもあります。

既婚者レズビアン×既婚者レズビアン

そして、既婚者レズビアンと既婚者レズビアンの恋愛パターンもあります。

この恋愛パターンは、道徳的には浮気や不倫になると思われるかもしれませんが、現在の日本の法律では不貞行為として認識されることはないのです。

FtM×レズビアン

さらに、FtMとレズビアンの恋愛パターンもあります。

FtMとは、身体の性は女性で、心の性は中男性。

洋服の好みは、メンズを着ることがほとんどの男性として生きている女性のことです。

見た目は、「どこから見ても男性に見える」そんなFTM女性が多いです。

FtM×バイセクシャル女性

FtMとバイセクシャル女性の恋愛パターンもあります。

 

ここまで読んだら分かる通り、レズビアンの恋愛と言っても本当にさまざまなパターンがあるのです。

言い出せばきりがないのです。

 

レズビアンの中の種類とは?

そんなさまざまな恋愛パターンがあるレズビアンの恋愛ですが、もっと細かく分類するとレズビアンの恋愛の中でも種類分けすることができます。

それが、下記のようなものです。

【レズビアンの性的趣向の分類】

身体の性 心の性 性的行為での立ち位置 社会的な立ち位置
タチ 女性 中性から女性 男役(能動的な側) 女性として生きている
バリタチ 女性 中性から女性 完全な男役(能動的な側) 女性として生きている
ネコ 女性 女性 女役(受動的な側) 女性として生きている
バリネコ 女性 女性 完全な女役(受動的な側) 女性として生きている
リバ 女性 中性から女性 両方対応できる 女性として生きている

※もっと細かく分類すると、「リバ寄りのネコ」や「タチ寄りのリバ」などと言われることもあります。

この分類から、下記のような組み合わせが考えられます。

  • バリタチ×バリネコ
  • バリタチ×ネコ
  • タチ×バリネコ
  • タチ×ネコ
  • タチ×リバ
  • リバ×ネコ
  • リバ×リバ

もちろん、組み合わせはこれだけじゃなく、数は少ないですが、タチ同士で恋愛になることもあればネコ同士で恋愛になることもあると言われています。

ちなみに、タチが好きなタチのことを「ホモビアン」と呼んだりすることもあります。

 

さらに、レズビアンの分類は、性的趣向だけでなく「見た目的な分類」もあります。

それが、下記のような分類です。

【レズビアンの見た目的な分類】

身体の性 心の性 服の好み 社会的立ち位置
フェム 女性 女性 レディ-ス 女性として生きている
ボーイッシュ 女性 中性から女性 メンズ 女性として生きている
中性 女性 中性から女性 メンズ・レディース 女性として生きている

※もっと細かく分類すると、「フェム寄りの中性」や「中性寄りのフェム」などと言われることもあります。

この分類から、下記のような組み合わせが考えられます。

  • フェム×フェム
  • フェム×ボーイッシュ
  • フェム×中性
  • ボーイッシュ×中性
  • ボーイッシュ×ボーイッシュ
  • 中性×中性

そして、レズビアンの恋愛の種類は、性的趣向と見た目的な分類を合わせて表現されることが多いのです。

たとえば、下記のようなものです。

  • ボーイッシュのタチ×フェムネコ
  • フェムリバ×フェムネコ
  • フェムタチ×フェムネコ
  • フェムリバ×フェムリバ
  • 中性のタチ×中性のネコ

などなど、こちらも言い出すときりがないほどです。

レズビアンの恋愛の種類は、

  1. 「性的趣向(レズビアンなのかバイセクシャルなのかなど)」
  2. 「性的行為での立ち位置」
  3. 「見た目的なもの」

この3つから分類され組み合わせが決められることが多いのです。

そのため、レズビアンの恋愛と一言で言っても無限に種類があると言っても過言ではないのです。

 

レズビアンが女性を好きになる理由は?

あなたは、そもそも「なぜ、レズビアンは女性を好きになるの?」こんな素朴な疑問を持ったことがあるかもしれません。

そもそも論、レズビアンが女性を好きになることに、理由はないと言われています。

これは、個性だと認識されているのです。

一部では、「トラウマになるほどの嫌な男性経験をしたから女性に走った」なんて理由もあるようですが、基本的にはレズビアンが女性を好きになることに理由は存在しないのです。

男性が女性を好きになるとき、理由が存在しないように。

女性が男性を好きになることは、本能だと言われるように。

レズビアンが女性を好きになることも、本能的なものだと言われているのです。

 

私は、レズビアンです。

実は、私はレズビアンです。

正確には、男性経験もあるため、限りなくレズビアンに近いバイセクシャルとも言えるでしょう。

(今は、男性よりも女性が恋愛対象になっています)

そのため、これまで7人の女性と真剣な恋愛をしてきました。

そんな当事者の私だから、伝えることのできるリアルなレズビアンの恋愛体験談を話したいと思います。

 

レズビアン本人が語る!リアルなレズビアンの恋愛体験談

私は、中学生辺りから「自分は女性が好きかもしれない…」と自覚が芽生え始めました。

そのため、いつもクラスに1人お気に入りの女性がおり、その女性とは緊張して目も合わせられないほど隠れた好意を抱いていたほどです。

そんな私が、本格的にレズビアンと恋愛し始めたのは、20歳を過ぎたころからです。

ネットを通じて出会った1つ年下のレズビアンと恋に落ち、付き合うことになりました。

このときまでに、男性を好きになったこともありました。

ですが、今思えば、この1つ年下のレズビアンとの恋愛が私の初恋だったのです。

  • 「1秒も離れたくない」
  • 「ずっと一緒にいたい」
  • 「できることなら、身体ごと溶け合いたい」

それくらい強烈な愛情を他人に感じたのは、このときが初めてだったからです。

「ああ、これが恋愛っていうものなんだ」と初めて知ることができました。

この当時も今も、レズビアン達が出会う方法は、ほとんど変わっていません。

  • インターネットのSNSや掲示板を通じて出会う
  • オフ会やレズビアンイベント、新宿2丁目などのレズビアンバーで出会う
  • 友人の紹介で出会う

この3つが、レズビアン達が出会う王道だと言われています。

私の場合は、インターネットを通じて、当時大学生だったレズビアンと出会うことができ、友達期間が1カ月ほど続いたのち、恋人関係になったのです。

はっきりした告白はなかったくのですが、どちらからともなくお互いに好意を持っていることに気付いていて、気づいたら身体の関係になっていました。

そして、私たちは付き合うことになったのです。

2人で公園デートをしたり、映画デートをしたり、買い物に行ったり、友人に紹介したり、彼女の家に遊びに行ったり。

やっていることは、男女の恋愛となんら変わりはありません。

唯一違うところがあるのなら、それは、女性が女性と付き合っていることだけ。

本当にそれだけだったのです。

でも、やっぱりやり難い部分はありました。

  • 人前で手を繋ぐことに抵抗がある(人目が気になる)
  • 両親に彼女を紹介することができない(カミングアウトしていなかったため)

あの頃は、あまりこのような部分は気にしていませんでしたが、年齢を重ねれば重ねるほど、他人の目や両親の目は気になるものです。

レズビアンの恋愛は、年齢を重ねれば重ねるほどスタートさせにくいものになってくるのかもしれません。

そして、紆余曲折あり、この彼女とは別れることになりました。

別れの理由は、一般の男女と何ら変わりはありません。

私に、他に好きな女性ができたから。

私は、当時付き合っていた彼女を振ることになったのです。

 

男女の恋愛とレズビアンの恋愛の違いとは?

ここでは、男女の恋愛とレズビアンの恋愛の違いについて話していきます。

いったい男女の恋愛とレズビアンの恋愛は、なにが違うのでしょうか?

すぐわかる違いの1つは、同性同士で恋愛をしているか異性間で恋愛をしているかです。

これは、あなたももう気付いているでしょう。

でも、私はこれ以外にも違いがあると思っています。

それは、「レズビアンの恋愛には、男女両方の魅力が必要だ」ということです。

 

〇〇の魅力を持っているレズビアンが、モテるという事実

レズビアンの恋愛には、分かりやすく言うと男役と女役があることが一般的です。(ない場合もありますが)

いくら男役や女役があると言っても、根本的に相手にするのは女性です。

そのため、女性が女性を口説くとき、男性の要素と女性の要素が必要不可欠になってくるのです。

たとえば、女性が男性に惚れるとき、「頼もしさ」や「包容力」などに魅力を感じることがありますよね?

この魅力は、レズビアンの恋愛でも、感じる要素です。

たとえば、年下のビアンが、年上のビアンの「頼もしさ」や「包容力」に魅力を感じ惚れることがあるのです。

その一方で、年下のビアンが、年上のビアンの「優しさ」や「気遣い」「料理がうまいところ」などに惹かれることもあります。

ようするに、女性が女性を好きになるときは、男性的な魅力と女性的な魅力の両方に惹かれることがほとんどなのです。

そのため、レズビアンの恋愛には、男女両方の魅力を持っている女性がモテると言われているのです。

 

レズビアンにモテるテクニックとは?

ここからは、レズビアンにモテるテクニックを紹介していきます。

さきほど、「男女両方の魅力を持っている女性がモテる」と話しました。

これは、間違いありません。

タチのビアンであったとしても、心の性は女性。

女性的な一面も必ず持っているため、男性的な魅力を持っており尚且つ女性的な魅力を持っているビアンに惹かれることはよくあることなのです。

では、具体的にレズビアンにモテるテクニックとは、どんなものなのでしょうか?

ここでは、そのテクニックの1つを紹介したいと思います。

【レズビアンにモテるテクニック】

レズビアンにモテるテクニックの1つは、レディーファーストです。

これは、もはや鉄板中の鉄板です。

レディーファーストと言うと、あなたは「そんなこと?」と思うかもしれません。

ですが、これができているレズビアンは本当に少ないのです。

なぜなら、一般的にレディーファーストは男性が行うものだからです。

レズビアンにモテるレディーファーストとは、下記のようなものです。

  • エレベーターを降りるとき、扉を押さえて先に通してくれる
  • 飲食店で上座やソファ席を譲ってくれる
  • 重い荷物を「持とうか?」と気遣ってくれる
  • タクシーに乗るときは、支払いをするため自分が先に乗り込む

などなど。

このようなことが、さり気なくできる女性は本当に少ないです。

そして、レディーファーストに合わせて「料理上手」「気遣いができる」このような女性的な魅力が合わさると、ほとんどのビアンにモテると言っても過言ではないでしょう。

 

ノンケの女性への片思いは、予想以上に辛いものがある

レズビアンの恋愛の中でも、最も難易度が高いと言われている恋愛が「ノンケ女性を好きになってしまった恋愛」です。

相手は、異性愛者です。

自分が、同性愛者であることを打ち明け受け入れてもらうところから始めなければなりません。

そのため、男女の恋愛とはスタートラインが全く違うのです。

  • 「女性が好きと打ち明け、もしドン引きされたら…」
  • 「ドン引きされるくらいなら、友達同士のままでいい…」

このように考えて、諦める女性も珍しくないのですから。

  • 「自分の気持ちを言いたくても言うことができない」
  • 「人として否定される恐れもある」
  • 「男女の恋愛よりも、圧倒的に受け入れられる確率が少ない」
  • 「自分の魅力とは全く関係のないことが原因で、振られる可能性が大いにある」

まさに、両想いになれることが夢の世界…とも思える恋愛

それが、ノンケ女性に片思いをしたレズビアンの恋愛なのです。

 

ノンケ女性と付き合ているレズビアンも存在する

ただ、ノンケ女性と付き合ているレズビアンも存在します。

相手のノンケ女性が、もともと女性に興味があった場合や、女子高などで女性を受け入れやすい環境にいた場合

また、レズビアンである当人がボーイッシュやFtMで、女性として出なく男性として見られていた場合

こんな場合は、ノンケ女性と付き合える確率も上がってくるのです。

 

海外のレズビアンの恋愛事情はどんな感じ?

最後に、海外のレズビアンの恋愛事情を紹介しておきましょう。

私自身は、海外で長期間生活をしたことがないので、海外のレズビアン事情について詳しい女性の声を掲載しておきます。

私はこれまで欧米や東南アジアなどの6カ国で暮らした経験があります。

どこの国でも職場や学校にLGBTの方がひとりやふたりは必ず居たので「同性カップルはごく普通」という感覚でした。

出典:ANGIE

ここにも書かれている通り、日本に比べ、海外…特に欧米などのレズビアンの恋愛は「ごく普通」と認識されています。

今の日本では、考えられないことですね。

 

さらに、彼女はこうも言っています。

先日2年ぶりに会ったオーストラリアの友人から「私、レズビアンになったの」と告げられたときは正直驚きました。

2年前には彼女には彼がいたし、女子会ではヘテロセクシャル(異性愛)な恋バナに花を咲かせていたのですから!

彼女だけではありません。

私のイギリスの友人の父親は、離婚をきっかけに「同性愛」をカミングアウト

友人に話を聞いてみたところ「お父さんがカミングアウトしたときは戸惑ったけれど、幸せならそれでいいと思う」とのこと。

現在は、年下のボーイフレンドとのデートを楽しんでいるようで「お父さんが家にボーイフレンドを連れてくることもある」のだとか!

こちらも、非常にビックリしました。

出典:ANGIE

特に、欧米ではノンケ女性がレズビアンになることさえも、一般的なこととして受け入れられ始めているのかもしれません。

これも、今の日本では想像もできない世界です。

ここまで、一般的になることは少し遠い未来になってしまうかもしれませんが、せめて同性同士が手を繋いで街中を普通に歩くことができる。

レズビアン同士が街中で、キスをしても違和感のない雰囲気。

そんな日常が作れたら、そんなに暮らしやすいことはないだろうと思ってしまうのは私だけでしょうか。

 

まとめ

今の日本のレズビアンの恋愛事情について、さまざまな方向から話してきました。

いかがだったでしょうか?

今やLGBTの人口は、13人に1人(2016年電通調べ)と言われるほどになっています。

それくらい口を閉ざし自分の性的趣向を隠しながら生きているレズビアンを含めたLGBT達は多いのです。

「恋愛は悩むものではなく楽しむもの」これが、私のモットーです。

だからこそ、もっと無条件にレズビアンでも恋愛を楽しむことのできる日常が日本にも生まれて欲しい。

心からそう思っています。

 

\ SNSでシェアしよう! /

LGBT.comJAPANの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LGBT.comJAPANの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

吉瀬たまき

LGBT.comJAPAN運営事務局代表。レズビアン。LGBT関連のフリーライターとして2014年より活動をスタート。本人も小さい頃から、性的マイノリティについて悩み様々なメディアの情報に振り回されながらも、独自にさまざまな知識や恋愛経験を得る。同時に、婚活関連会社に就職後1万件以上の恋愛相談にのり続けた実績を持つ。性別・マイノリティ・マジョリティにとらわれず「ワクワクした人生を」をモットーにさまざまな活動に取り組んでいる。

この人が書いた記事  記事一覧

  • レズビアンの彼女が欲しい!ビアンの彼女を作る簡単7ステップとは?

  • 徹底解説!レズビアン用語のフェムとは?モテるフェム10の共通点も!

  • ビアンの告白はタイミングで9割決まる!告白成功のタイミングとは?

  • 悲惨!母親にレズとカミングアウトしたときの反応がヤバかった話

関連記事

  • ビアンの告白はタイミングで9割決まる!告白成功のタイミングとは?

  • レズビアンの彼女が欲しい!ビアンの彼女を作る簡単7ステップとは?

  • モテないビアンが【レズビアンにモテる女】に変わる10の秘訣

  • モテる条件!レズビアンに好かれやすい女性の特徴とは?